TNGA登用車はどうして来るか

トヨタのNEWプリウスに採用された新開発のプラットフォームのTNGAだが、次に採用されるのはハイブリッドSUVのC-HRと思われる。但し、その次に採用される車の目算というのが苦しい。プリウスといった極端な誤差のない寸法の1.8~2.4リッター近辺の自家用車ではプレミオと良好オン、エスティマが風変わり改善を行ったばっかりなのでフルモデルチェンジで登用と言うのは先の陳述になるだろう。また、ウィッシュってアイシスは新型の戯言もなく、機種としてやけに販売台数が下火です。国外使用まで幅を広げて考えていくと、次期形態のカムリ、国外仕様の次期カローラあたりも代替えに挙がって現れるかもしれない。SAIなど次期モデルの位置付けが難問な製品も多いが、次期プリウスαが登場した場合はさすがにTNGAの登用は正確と思われる。しかしプリウスαの風変わり改善が2014年齢11月に行われ、プリウスのプラグインハイブリッドの登壇が控えている頃を考えるってプリウスαの次期形態の陳述が出る前に最初車くらいはTNGA登用モデルが出るのではと当てはまる。

コメントは受け付けていません。