エアバッグは、衝突から身を続けるセーフティ備品のひとつ

クルマのエアバッグは、衝突から身を続けるセーフティ備品のひとつだ。
クルマ事故で怪我をする原因の多くは、ハンドルやダストボックスに胸をぶつける例だ。
それを防ぐために開発されたのが、クルマのエアバッグだ。
クルマのエアバッグは、ハンドルの中央に埋め込まれています。
そうして、クルマの衝突の衝撃で、ハンドルからエアバッグがでてしまう。
感嘆を感知するセンサーが内蔵されているので、単なる追突くらいではクルマのエアバッグは変わりません。
センサーの設置されている部位まで感嘆が届いた際、自動的にエアバッグが作動します。
また、クルマ事故を起こした際、航行シートによって補佐シートのほうが、前ガラスに胸をぶつけてけがをする確率が高いといえます。
そのため、ダストボックス上部にエアバッグが装備されているクルマもあります。
これもセンサーの位置まで感嘆がくると、自動的にエアバッグが作動する組織になっています。
このように航行シートといった補佐シート、どちらにもエアバッグが装備されているクルマを、デュアルエアバッグ自家用車といいます。
ほとんどのクルマがこういうデュアルエアバッグ自家用車で、航行シートといった補佐シートの搭乗ヒトを、怪我から続けるようになっています。

コメントは受け付けていません。