洗車舞台で見た温かな一幕

この前洗車に行くといったほのぼの愛らしいらしき家族が洗車に来ていて癒されました。
手作業の洗車につき、洗車上クルマを拭くのはカスタマーが行なう。
わたしの隣席でクルマを拭いていた家族さんがほのぼのしていて癒されました。
お母さんという保育園児といった小学校くらいのちっちゃな男子3兄妹。
3兄妹がお母さんの洗車の一助を通してあげているようです。
「さんざん小さいのに一助を通して感心ですなぁ!」と思いました。
「クリーナー眩しい!仰山吸い込ん現れる!」「見て見て!マットが吸い込まれてく~!」←(マット洗顔好機による)といったすごい楽しそうな内容が聞こえてきました。
一助を嫌々やる感じはかなり無く、かえってこの状況をすごく楽しんでいます。
扱う機器に大スリル!
兄妹同士で「見て見てコイツもの凄くよ~!」と授ける当てはまる服装にあったかい気力になりました。
終わると、お母さんが嬉しそうに「わぁ~!有難う。相当綺麗になったわぁ。有難うね。」と言うと、子どもたちも「やったね~!」という満面の微笑でした。
家族4ヤツで協力して仕上げたクルマの洗車と掃除は大成功だったようです。
私はハートで「お疲れ様だ!」といった思わず拍手を送りました。
家族のほのぼの眩しい協力し合う容易い服装に癒されました。

コメントは受け付けていません。